カット理論 少しでも科学的に⑧

福井市灯明寺にて

面貸しの理・美容室“ZERBINO NATURA”を

経営しております市川です。

今回のお話は

《カット理論 少しでも科学的に⑦》の続きです。

ゴールデンレシオ

黄金比率

1:1.6という最も美しい比率とされているゴールデンレシオ。

福井の理・美容師の皆さんで、ご存知の方も多いでしょう。

すでに参考にされているスタイリストさんも

いっぱいでしょうが、

私がゴールデンレシオを基準にするのは、

絵画や彫刻の構図、歴史的建築物などに

今までたくさん採用されているからです。

有名な携帯端末会社や日本の超有名自動車会社の

ロゴにも!(ご存知なかった方は検索してみてくださいね)。

じゃあなぜ、その黄金比が採用されているのでしょう。

それは理・美容業界以外の頭脳明晰な方が

いっぱい書かれていますが、

フィボナッチ数列に関係しているからなのです。

「な、なんじゃ? ふいぼ? ふぃぼなっち??」

って、福井の理・美容師さんが多いのでは??

わからない方は“フィボナッチ数列”で

まず検索してみてください。

色々つながってくるんですよ〜。

(ちなみに黄金比や対称性は美の根幹的理由(証明)にはなっていないのですが…)

 

次へ