(福井市にて)面貸し美容室 経営論②

福井市灯明寺にて

面貸しの理・美容室“ZERBINO NATUR”を

経営しております市川です。

今回のお話は《(福井市にて)面貸し美容室 経営論①》の続きです。

お店のスタイル

完全予約制=高単価??

福井の理・美容師のみなさん、

売上の計算方法って分かりますよね?

単純に売上=客数×客単価です。

じゃあ売上を上げる方法は?

客数UP→回転率UP

単価UP→高単価です。

もちろんその両方が理想的。

ここで予約制の有無を絡めますと、

施術時間が短かくなる回転率UPを求める場合、

予約制を取り入れることが難しいのは

想像に難くないと思うわけで。

もちろん私の力不足だけかもしれませんが…

でもきっと10分、いや1分単位で

お客様をコントロールせねばなりません。

となると予約制を取り入れる場合、

必然的に高単価を目指さねばならなくなると思うわけです。

低料金であろうが高単価であろうが、

たくさんのお客様に来ていただくことも

もちろん一つの方法(でもこの場合は主に低料金店の手法と思われます)。

予約制を取り、ある程度のお値段をいただいて来客を促すのも一つの方法。

理・美容師としての一本立ちするスタイルの切り口など、

このような考え方だけでなく、いくらでもあるわけなのですが、

福井の理・美容師のみなさんはどのような形を想像するのでしょう?

 

次へ