(福井市にて)フリーランス美容師・面貸しについて[7]

福井市灯明寺にて、

フリーランス美容師のための

面貸し理・美容室《ZERBINO NATURA》を

経営しております市川です。

今回のお話は”(福井市にて)フリーランス美容師・面貸しについて[6]”の続きです。

面貸しの問題点 その2

後継者育成問題、一つの解決策?

一般の会社で考えてみましょう。

生産性とか利益率とか一切考慮せず、単純に年功序列の世の中で、

大学卒業してから入社して60歳まで勤めると考え、

生産性を得るのに3〜5年くらいと考えます。

とすると、22歳から25〜27歳までの世代を

25〜28歳から60歳までの世代が支えるわけです。

5〜12人で一人を育てる計算になるわけです。

(あくまで単純に考えると、ですよ。難しい話は抜きにして。ツッコマないでくださいね。)

別の考えで(これも単純に考えます)。

大卒初任給を20万円と考えますと、

一人で面倒を観るとなると

自分の稼ぎ以外に20万以上も稼がなきゃいけないわけです。

でもスタイリストが5人いれば、4万円以上/人。(それでも結構な負担)

10人居れば2万円以上/人で済むわけです。

要は胴上げ型か騎馬戦型か肩車型か、ってことです。

(どっかで聞いたセリフですね〜。)

積小為大。やっぱりまだまだ道は長いです…。

 

次へ 前へ

“(福井市にて)フリーランス美容師・面貸しについて[8]”へ