カット理論 少しでも科学的に③

再現性

サロンワーク

そもそも私達理美容師は技術職人?それとも芸術家?

“芸術”や“技術”という言葉自体が多義的ですから、

当然スタイリストによって思いは違うでしょう。

サロンワークは技術職、ヘアショーや大会などは芸術?といった概念かも。

サロンワークしかしない私の場合はよくお客様に

「いつも通りね!」と注文されます。

“いつも通り”とは=“再現性”を求めらているわけです。

ではその再現性を高めるためにはどうしましょう。

部位ごとの具体的な数値を記録しましょうか。

何度も施術させていただいているお客様には

それで良いでしょう。

しかし別のお客様や、新規のお客様、

そして同じお客様でも

スタイルチェンジをされる場合、

次の“かっこいい”もしくは”カワイイ・キレイ”が見つかるまで

試行錯誤を繰り返すのでしょうか?

対象であるお客様の頭の形状も左右前後上下、すべて対称ではないですよ。

さてさて…